MENU
スポンサーリンク
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
当サイトのコンテンツは、キャラクターのビューティーアドバイザー「山口なおみ」、40代主婦「河上しずえ」と娘の「れい子」さまのご協力のもと毛穴ケアを中心に解説してあります。

顔の毛穴のトラブルとは?

 

肌 トラブル

 

こんにちは〜
ビューティーアドバイザーの山口なおみです。



 

いかがお過ごしですか?画像の女性の鼻や頬に毛穴が目立っていますよね。

 

歳を重ねると、どうしても毛穴は目立ちやすくなります。

 

肌 トラブル

 

そうなのよね!わたしもかなり気になるんです。

 

いまはちょっとお化粧で隠していますけどね。

 

開いちゃうんですよ。どうしたら良いのかしら?



 

 

え、そうなの?気が付かなかった。

 

それじゃ、まだいいほうじゃない?



 

肌 トラブル

 

毛穴も人それぞれ違うんですよ。生活もいろいろですからね。

 

しっかり、ご自分の症状がどうなのかを知ることがまず大切なんですね。

 

それをいっしょに、見ていきましょう。



 

毛穴トラブルの症状

 

顔の毛穴に起こるトラブルは次のものがあります。

 

毛穴が目立つ原因にはいくつか考えられます。

 

  • 毛穴の黒ずみ
  • たるみ毛穴
  • イチゴ毛穴
  • 毛穴ケアするとよけいに皮脂が多くなる
  • 顔がテカる

毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみはいくつか原因があります。

 

黒ずみの原因

  1. 加齢による毛穴の形状変化
  2. 毛穴の汚れ

 

加齢による毛穴の形状変化

 

まず毛穴自体は皮膚の表面にできている穴です。

 

ですから、これをなくすことはできません。

 

 

それにしっかり毛穴の働きで、開いたり閉まったりして私たちの健康を維持しているのです。

 

汚れがある場合は開いて排出する力があります。

 

 

ですから、毛穴じたいはどうしても黒くみえます。

 

それは鼻の穴が覗いたら黒いのと同じです。

 

 

きれいに手入れをされいてる鼻の穴でも黒く見えるのです。

 

ただ、毛穴なら肌自体がしっかりとキメが細かくハリがあると引き締まって目立ちません。

 

 

それで加齢などによる肌の力の衰えが原因で毛穴の形状が変わる場合の黒ずみが考えられます。

 

 

毛穴の汚れ

 

次に、毛穴が汚れて黒ずむケースです。

 

つまり、毛穴に黒ずみの原因が存在する場合です。

 

 

その黒ずみとは老廃物であり酸化なんですね。

 

酸化というと私たちの生活にはいろいろあります。

 

 

新しくてピカピカの金属でも表面が酸化してさびてひどくなると黒くなったりする。

 

ですから、ワックスがけしたり、塗料を塗ったりしますよね。

 

 

これも酸化から身を守る防御です。

 

皮膚、毛穴の場合の汚れは皮脂や老廃物です。

 

 

皮脂もほんらい肌を守る大切なものですけど、毛穴にたまったままですと悪くなるんですね。

 

油の使いすぎもどんどん悪くなって色も変わりますし、臭いもしませんか?

 

 

ですから、毛穴にたまった皮脂をそのまま放っておくと酸化して黒ずみとなります。

 

健康な毛穴なら、汚れなどを自然と排出する力があります。

 

 

それが肌のなんらかの原因で力が弱まったり、詰まりやすい状態に変わります。

 

この黒ずみは毛穴が詰まりやすいことが問題なんです。

 

 

毛穴の黒ずみを目立たなくしたい!

 

毛穴の黒ずみの原因がなにか、をしっかりと把握することが大切です。

 

 

加齢による毛穴の形状変化

 

肌の健康をしっかり維持してハリのある状態をキープすれば、毛穴の黒ずみも目立たなくなります。

 

 

毛穴の汚れ

 

毛穴にたまった汚れについては、しっかり黒ずみ除去が必要です。

 

黒ずみの原因である皮脂や皮膚に残った汚れをしっかり取り除くことです。

 

 

クレンジングや洗顔をしっかりすることですが、注意もあります。

 

それはやりすぎないこと!

 

 

毛穴の黒ずみが気になり、皮がむけるほどゴシゴシ洗う方がいます。

 

やりすぎで皮膚の表皮が傷ついたりすることもあります。

 

 

汚れでも毛穴にブツブツした角栓が詰まるケースがあります。

 

イチゴ毛穴とも呼ばれるトラブルですね。

 

イチゴ毛穴
皮脂が多くなるとできやすく、若い人に多いトラブルです。

 

この除去には、タンパク質分解の働きがある酵素系の洗顔料がいいですね。

 

余分な角質が落ちて詰まっている毛穴がきれいになります。

 

たるみ毛穴

年をとって毛穴が目立ってきたと思われる女性は多いです。

 

毛穴自体よりも皮膚全体の問題、老化が原因です。

 

 

つまり加齢で皮膚の重さに耐えきれず下がる現象です。

 

それが毛穴を引っ張り毛穴が開いて目立つことになります。

 

 

ですから、どなたも加齢でたるみ毛穴の心配はあるんですね。

 

毛穴が縦に開いて目立つのは、まさにたるみが起こっているわけです。

 

 

ニキビケアの失敗というのもありますけど、たるみ毛穴は30代ぐらいから多くなります。

 

たるみ毛穴を改善したい!

 

加齢で起こるたるみ毛穴の改善にはコラーゲンのアップが必須です。

 

コラーゲン

 

30代ぐらいから増えてくるたるみ毛穴は、コラーゲンの減少が原因です。

 

 

皮膚の真皮に存在するコラーゲンは30代とくに半ば辺りから激減が始まります。

 

コラーゲンを失うことで、肌のふっくらハリがなくなり皮膚のたるみにつながるのです。

 

 

コラーゲン再生というと、やはり内側からのケアが必要です。

 

コラーゲンサプリなど、直接的に肌のコラーゲンとはなりませんが、効き目があると評判ですね。

 

 

肌のハリに即効性があるコラーゲンドリンクは多くの女性に飲まれています。

 

体内のコラーゲンを内側から増やすには、イソフラボンが多い大豆食品がおすすめです。

 

イソフラボンは女性のホルモンに似た働きをしてくれますからね。

 

 

化粧品

 

化粧品ならビタミンAの一種レチノール配合のものがおすすめです。

 

真皮にコラーゲン再生を促す作用がありますので。

 

 

またビタミンCも効果的ですね。コラーゲンを増やす作用に皮脂も抑えてくれますから。

 

真皮は肌の奥にありますから、浸透性が大切です。

 

 

浸透性のあるビタミンC誘導体配合のスキンケア化粧品も人気があります。

 

こちらはたるみ毛穴改善だけじゃなく、シミなどにも効果的ですね。

 

 

ピーリング

 

あとはピーリング化粧品の使用も毛穴のゆるみ対策としてはいいです。

 

角質が剥がれ落ちやすくなり、毛穴の状態もよくなり目立ちにくくなります。

 

 

ピーリング化粧品には、肌をこするゴマージュとかスクラブなど拭き取りタイプがあります。

 

こちらは肌への刺激がありますので、ジェルや乳液系の洗い流すタイプがいいと思います。

イチゴ毛穴

イチゴ毛穴あるいは、見た目がよく似ていることからいちご鼻ですね。

 

鼻に多くの場合できやすいです。それで目立つわけです。

 

 

触るといちごの表面のようにザラつき感が強く、毛穴の詰まりがはっきりとわかります。

 

角栓が固くなって毛穴に詰まっている状態です。

 

 

そもそも皮脂分泌が起こるわけですけど、年齢やホルモンなどの関係など過剰に分泌されることがあります。

 

それが、肌の角質と一緒になり毛穴をふさいでしまいます。

 

 

角質はタンパク質ですけど、健康な肌なら自然とターンオーバーで剥がれ落ちます。

 

ところが、食生活の乱れとか睡眠不足、ストレスなどでダメージを受け乱れてしまいます。

 

 

すると毛穴についたままの状態が長くなり、空気に触れて酸化していきます。

 

やがて黒いボツボツとなっていちご鼻の状態となるのです。

 

 

イチゴ毛穴・いちご鼻のケアは?


 

イチゴ毛穴の改善

  1. クレンジング          
  2. 洗顔
  3. 保湿ケア
  4. 紫外線対策

 

クレンジング

クレンジング選び
クレンジングの基本はクレンジング選びです。

 

もちろんお肌に合うものなんですけど、大切なのはメイクの状態・度合いに合わせて使うこと。

 

 

ですから、生活の変化に合わせて変える毎日のメイクに合わせることがお肌の健康を維持する秘訣です。

 

いつも同じクレンジングですと、時にはなじませるのに手間取ったり、いつもと違ってメイクが落ちないと感じることもあります。

 

 

これはメイクに合っていないクレンジングだからなんですね。

 

リップとかアイメイクが濃くなっている時はポイントリムーバーの使用が効果的です。

 

 

それで次にいちご鼻のベースメイクを落としてみてください。

 

クレンジングにもジェル・ミルク・オイル・クリーム・リキッドといろいろです。

 

 

どの組み合わせが合うのかを日頃のクレンジング使用で確認されていくといいかと思います。

 

生活環境
あなたはいつどこでクレンジングなさいますか?

 

ご自分の部屋や洗面所あるいはお風呂場など場所によって変わります。

 

 

それはエアコンや加湿器または湯気などで湿度が違いますよね。

 

クレンジングはなるべく湿度が低いところで行ってください。

 

 

お風呂場なら、湯上がりや湯船に浸かりながらされるのは適切ではありません。

 

手もしっかりきれいにして一見よさそうですけど、効果は逆なんですね。

 

 

蒸気がお風呂場に立ち込め湿度が上がると、クレンジングの洗浄する力が落ちてしまいます。

 

クレンジング時間
メイクをしっかり落とそうとクレンジングに時間をかける方がいます。

 

気持ちはわかりますし、いいんですけどやりすぎはいけません。

 

 

やはり肌の負担となります。ゴシゴシはだめですし、軽く指で洗い流す程度がベター。

 

クレンジングのみで毛穴の角栓を落とそうとお考えになってもできません。

 

 

ですから、クレンジングにはおおよそ1分ぐらいがいいですね。

 

 

洗顔

 

洗顔で気をつけてほしいポイントがあります。

 

洗顔料
いろいろありますけど、余分な皮脂をしっかり落としたいんでしたら固形石鹸がおすすめです。

 

固形石鹸には油分が含まれていないものが多いからです。

 

 

それに泡切れがすぐれていますし、肌がすっきりする感じが得られますよ。

 

洗顔準備
すぐに洗顔するのでなく、お肌の準備をされるといいでしょう。

 

ぬるま湯で顔をすすいで見てください。

 

 

これだけでもぜんぜん違います。毛穴の皮脂が浮いてきますからね。

 

冷たい水では汚れが落ちにくいですし、熱くなると皮脂が落ちすぎて良くありません。

 

泡を作る
洗顔料の種類にもよりますけど、お使いになる時は泡を作るようにしてください。

 

キメ細かい泡が理想です。ちょっとの水で泡ができるといいですね。

 

 

ご自分ではできない方は、泡立てネットもありますからお試しになると良いかと思います。

 

洗顔をする
洗顔では力をいれてはいけませんよ。

 

軽く泡を当てるよりも転がすような感じがいいです。

 

 

もっこりとした泡を肌に当てながら団子をころがす感じですね。

 

イメージできましたか?

 

 

時間としては1分程度にしてください。まあ長くても2分弱ぐらいかな?

 

やりすぎはいけませんよ。

 

 

泡ころがしは順番があります。

 

それは皮脂が出やすい顔の部位から移動させること!

 

  1. Tゾーン(鼻も含めて)
  2. 頬・フェイスライン
  3. 目元・口のまわり

 

こんな順番がよろしいかと思います。

 

すすぎ
最後は同じくぬるま湯で顔を洗い流します。

 

バシャバシャやるのではなく、手ですくって顔を包む感じですね。

 

 

ゆっくり丁寧なのが肝心。

 

すすぎ残しのないように、顔全体をチェックしてください。

 

 

保湿はどうするの?

 

洗顔によっては皮脂が足りていない場合もあります。

 

しっかりと保湿をすることで肌の水分を保つことができいい状態でいられます。

 

 

洗顔だけですと、すぐに肌が乾燥してしまいます。

 

毛穴の周辺が硬くなりやすく、それで毛穴が汚れで詰まりやすくなってしまいます。

 

化粧水
化粧水は保湿成分の入っているものでたっぷりと使いましょう。

 

乳液・クリーム
これは潤いを保つためで、肌を柔らかくする感じでうすく伸ばしながら塗ってください。

 

美容液
かならずしも必要というわけではありません。

 

ただクリームなどでベタついたりテカリやすい方には油分の少ない美容液の使用がいいかもしれません。

 

 

紫外線対策が必要?

 

紫外線対策というとシミやシワをイメージされる方が多いかもしれません。

 

実は毛穴の汚れに対しても必要なんです。

 

 

肌自体を傷めてしまう紫外線をカットすることは大切です。

 

さらに、紫外線があたることで鼻の毛穴に詰まった角栓が酸化してしまいます。

 

 

ですからいつもしっかりと日焼け止めをすることでいちご鼻になりにくくなります。

毛穴ケアするとよけいに皮脂が多くなる

毛穴の汚れ、黒ずみ対策で毛穴をきれいにしても皮脂が多くなると感じる方がいます。

 

これはケアの仕方が合っていないからですね。

 

 

クレンジングや洗顔の仕方あるいは洗顔料などで汚れ以上に皮脂がなくなっているんです。

 

毛穴パックもそうですね。やり過ぎてその時は爽快感でいっぱいかもしれません。

 

 

そのあとの保湿ケアが十分でないと肌が皮脂をどんどん出すようになります。

 

それでよけいに皮脂が多くなっていると感じてしまうのです。

 

 

ですから、毛穴ケアの内容を見直してどこに原因があるかをしっかり把握されることをおすすめします。

 

原点に戻って考えることが必要だと思います。

顔がテカる

顔のテカリは皮脂線が多い部位に起こりやすいです。

 

Tゾーンとくに鼻のまわりですね。気になる方も多いと思います。

 

 

皮脂が多くなると毛穴が目立ってきます。

 

顔がテカる原因

  1. 保湿不足
  2. ホルモンバランス
  3. 生活習慣の乱れ
  4. 体質

 

保湿不足

 

保湿不足はつまり肌が乾燥しているんです。

 

十分に毛穴ケアしていると思っている方でも起こることがあります。

 

 

顔がテカるから保湿は必要ないとお考えの方もいます。

 

それは毛穴ケアのやり方が間違っていると思います。

 

 

毛穴の黒ずみ・汚れ・余分な皮脂を取り除くのに洗顔・パックなどをしっかりされます。

 

しかし、きたない汚れや余分な皮脂を取り除くだけで終わらなかった場合です。

 

 

簡単に言うとやり過ぎ!

 

最初はきれいになっても、肌に必要な皮脂がなくなるとどんどん皮脂を分泌しようとします。

 

 

それで結果としてテカるわけです。

 

ですから、汚れを落とした後にしっかりと保湿されることが大切です。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

 

ホルモンは男性ホルモンが多いと皮脂が余計に分泌されます。

 

男性ホルモンは皮脂腺の発達に関与し、必然皮脂量が多くなります。

 

 

男性ホルモンは女性でも多くなることがあります。

 

それは思春期のころですね。

 

 

またお仕事の疲れや度重なる残業あるいは家庭の問題などで起こるストレスで多くなります。

 

ホルモンバランスが崩れてしまうわけです。

 

 

ですから、生活をより安定させてリラックスした状態で過ごせることが大切なんですね。

 

 

生活習慣の乱れ

 

ホルモンバランスのところでも言いましたけど、生活習慣を規則正しくすることが大切です。

 

仕事のストレス、育児のストレスなどいろいろあります。

 

 

残業やお子さんの夜泣きで慢性的な寝不足になるといけません。

 

また食事もそうです。

 

 

外食などで高脂肪の食事に偏ると皮脂分泌が増えます。

 

ご家庭でも植物性油に多いリノール酸を使っていたりすると起こりやすいです。

 

 

テカリ改善には、生活習慣の見直しも必要なんですね。

 

 

遺伝や体質

 

いろいろ毛穴ケアやスキンケアをしていても年中顔がテカる方もいます。

 

皮脂の多さは遺伝性によるもので、毛穴が大きい方など脂性肌の方は顔がテカりやすいです。

 

 

ご自分に合ったケアやテカリ対策が見つかるといいですね。

 

肌 トラブル

 

ふぅ〜、たくさんあったわねぇ。



 

肌 トラブル

 

でも、良かったじゃない?いましっかり勉強できたんだからさ。



 

 

肌 トラブル

 

そう言っていただけると、嬉しいです。

 

それでは、最後にちょっとまとめておきますね。



毛穴トラブルのまとめ

毛穴トラブルを解消する方法

  • 毛穴トラブルの原因をはっきり確かめ把握する
  • 原因を引き起こしている間違ったやり方や考え方を見直す
  • 自分にあったスキンケア商品ややり方を身につける
  • 毛穴や肌の健康を大切にし規則正しい生活習慣にしていく

 

いかがでしたでしょうか。

 

なかなかわかっていても実践が難しいところですよね。

 

 

少しずつでも日々努力することで毛穴に対する大切な気づきがあるんじゃないでしょうか。

 

新しい発見、これかぁ〜!って思えることを一つ一つ増やしていってください。

 

 

試行錯誤で肌や毛穴はしだいに良くなっていきますからね!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサーリンク

/\